お彼岸とお盆とお墓参り

お墓の意味

お彼岸とお盆といえば、お墓参りに訪れることが多いのではないでしょうか。

お墓の意味は大昔から色々と変遷してきました。

仏教の普及定着により、お墓は遺骨を埋葬する場所であると共に、代々の先祖を尊び弔う場所となって来ました。
また現代では少子化の影響もあり、お墓が無力化する可能性が高くなりつつある事から、納骨堂や永代供養墓に埋葬される等、お墓や供養の種類も多様化しています。さらに中にはお墓を作らずに散骨や樹木葬などをされる方も増加しており、お参りして手を合せる目印さえない埋葬法もあるのです。

こうした事から、現在もお墓の持つ意味は変化を続けていると言えるでしょう。今ではペットも大事な家族としてお墓参りをされている方も多いですよね?大切な家族だからこそ信頼のできる葬儀を任せたいとお考えの方は市原市から近い上総動物霊園にご相談されてみてはいかがでしょうか?アクアラインからも近いため利便性も良い場所です。

 

宗教によって違う考え方

また宗派によって、昔ながらのお墓に対する考え方の違いもあります。しかし、多くの現代人にとってのお墓の意味は、そこに眠る両親やその先祖に想いを馳せ追悼し、自分が生かされている意味を考え、子や孫へとその生が幸せに引き継がれていく事を願う場と言えるのではないでしょうか。遺骨はお墓の下で土に還り、肉体は完全になくなっても、そこにお参りする事で、大切な人と出会える気がする場所でもあるのです。

この様に、お墓は単に遺骨を納める場所ではなく、亡くなった大切な人の魂と出会える気がし、自身の心を浄化させ癒す事が出来る場所でもあるのです。墓石はその目印と言えるのです。