お盆の過ごし方と盆踊りについて

盆踊り

-お盆の過し方

釡蓋朔日(かまぶたついたち)
7月1日は地獄の釡の蓋が開く日であり、この日からお盆が始まります。この日からお墓参りなどをして、ご先祖様をお迎えする準備をします。自宅に通じる道の草を刈り、清掃をして、彼岸からお帰りになる故人様が通りやすいようにします。また、地域によっては地獄の釡の蓋が開いている間は川や湖に近付いてはならないとされます。

七夕、棚幡(たなばた)
七月七日は七夕です。棚幡とも書き、この日に故人様をお迎えする為の精霊棚とその上に供える「幡(ばん)」や「笹」を安置する日です。精霊棚の安置は七日の夕方から行うことから「七夕」と書くとも言われます。

迎え火
七月十三日の夕刻に自宅玄関の前で、故人様を彼岸から迎えるための迎え火を焚きます。以後、故人様のために精霊棚のお供え物を欠かさぬ様にします。

お盆の供養
七月十五日はお盆の中日となり、家族一同で供養をした上で故人様と家族一同は夕餉を共にします。

送り火
七月十六日は故人様を彼岸にお送りするための送り火を夕刻に焚きます。また、川へお送りする風習の地域では燈籠流しを行います。

盆踊り
七月十六日、十五日のお盆の次の日の晩に寺社の境内に老若男女が集まって踊る場を盆踊りと言います。地獄での苦難を免れた亡者たちが喜んで踊る場面を模したと言われます。

-お盆での風習

お盆に於ける風習は宗派・地域により、数多くのものがあります。一般的なものの一つとして、精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれるものがあります。これは故人様の霊魂が彼岸と此岸の間を行き来するための乗り物で、キュウリやナスで作ります。キュウリやナスを乗り物の胴体と見立て、折った割りばし四本を胴体に挿し込んで足の代わりとします。キュウリは足の速い馬として故人様の霊が早くこの世に戻れるように、ナスは力の強い牛としてあの世に帰る故人様とお供え物を乗せてゆっくり帰っていただくべく、仏壇、もしくは精霊棚の周辺にお盆の間中、お供えします。

横浜市内では鶴見区の曹洞宗大本山総持寺のみ霊祭りと盆踊りが有名です。