お盆とはどのような風習でしょうか

お盆とはどのような風習

-お盆とは

お盆とは旧暦(太陰暦)の7月15日を中心として行われる、祖先の霊を祀る一連の行事です。この行事は日本古来の祖霊信仰と仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が融合して創られたとされています。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行うことが一般的となりました。横浜でも8月15日の盆会が中心になりつつあります。

盆は本来、霊に対するお供え物を乗せる容器のことを指していました。次第に供え物を供えられ、祀られる霊の呼称へと変化し、盂蘭盆の呼称とも混同されて、先祖供養の行事をお盆と呼ぶようになりました。地域によりましては精霊を「盆様」と呼んでいます。

-お盆の起源

お盆の起源は必ずしも明確ではありません。日本では既に8世紀頃、夏の祖先供養行事として定着していたと考えられます。古くには初春と初秋の満月の日に先祖の霊が子孫の元を訪れて交流するという行事がありました。それが初春の行事は正月の祭へと変化し、初秋の行事は盂蘭盆と融合して仏教の先祖供養の行事へと変化したと言われます。

-盆禮(中元)

中国では正月15日を上元、12月15日を下元として祝い、7月15日を中元の佳節として一年間 の無事を祝し、先祖の霊を供養するための盂蘭盆会を営みます。その時、親しい間柄の家々では盆禮(盆礼・中元)として互いに物品の贈答を行い、商家では配り物をしました。また、中華文化の道教では七月は鬼月とし、七月朔日に地獄の蓋が開き、中元の七月十五日にその蓋が閉じられると考えられました。

-お盆の日取り

本来は太陰暦の7月15日、満月の日にお盆を執り行うべきですが、現代では太陽暦の8月15日が一般的となりました。それ以外の日に行う例としては

太陰暦(旧暦) 7月15日 沖縄・奄美地方(旧盆とも呼ぶ)

太陽暦(新暦) 7月15日 東京、横浜、静岡、函館、他

太陽暦(新暦) 8月1日 東京都多摩地区(西東京市、小金井市、国分寺市、調布市、府中市)、他

旧暦でのお盆を旧盆と言います。但し、新暦でのお盆は新盆とは言いません。新盆(にいぼん)の意味は四十九日法要を終えて、最初に迎える故人様のお盆のことを言います。